社会保険労務士業務における疎明書とは?

社会保険労務士が業務を行う上で、状況によっては疎明書というものが必要となることがあります。
この疎明書とは一体なにかといいますと、相手に対して納得させるような説明および説得をできる書面のことです。
一般的にはまず利用されることのない書類であり、言葉ですのであまり周知されていないのですが、社会保険労務士の業務では必要となるケースがありますので、覚えておくようにしましょう。
例えば雇用保険の手続きに関する書類を電子申請する上で、通常離職証明書への電子署名が必要となるのですが、それを省略するために社会保険労務士の疎明書、あるいは事業主の疎明書などの提出が義務付けられたりするといった形で使われることがあります。
社労務資格難易度の高さは?合格率低い?【勉強のポイント】