看護師は必ずしも正規雇用というわけではない?

看護師は必ずしも正規雇用というわけではなくアルバイト、パートタイマーで働くこともあるでしょう。
その時、重要性が高いのが時間給です。
正規雇用と比べると、パートとかアルバイトの看護師は給与額に恵まれないこともありますから、やはり、時給が高くないと労働意欲が下がります。
理想を言えば、少しでも高い時給だと、ありがたいですよね。
看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長い拘束時間となっていて、勤務中でも仮眠をとることが可能です。
月に8回までと国の指針では定められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。
勤め先の勤務形態によっては、とても不規則な生活を送るようになったり、過労になりやすいのも、長続きしない看護師が多い理由のひとつだと思われます。
いつも看護師はスマイルでいることが大事なのです。
来院者は不安を持っているということが多いのです。
看護師さんが笑顔でいるとほっとできるのです。
常ににこにこ笑顔で患者さんと接するように、心がけることが大事です。
一般的には、看護師は厳しい労働だと認知されています。
というのも、近年の病院における雇用体制の悪化が原因で、長期間にわたって続く人手不足より働く時間が長引いてしまう傾向がみられるためです。
長い勤務時間に加えて、月に何回か組み込まれる夜勤があるため、慢性的に疲労とストレスを抱えている看護師が多くいるでしょう。
看護師はチャレンジングな仕事だと考えられています。
どんな職業でも直接に人と関係することが少ない傾向にあります。
他方、看護師は他人と深くかかわることができ、支えることができるという点においてやってやろうと思う方が大勢いるのでしょう。