フランス語を上達する方法

フランス語上達「インターンシップ編」

フランス語を上達させるのが目的で「インターンシップ」という制度を使う方も多くいます。

 

あんまり聞き馴染みがない制度かもしれませんから、インターシップについてのご説明からしてみましょう。

 

インターンシップという制度は、その国にある企業に入り、研修生として就業体験を行うというものです。

 

この制度は日本国内でも取り入れられているシステムなので、海外の企業でインターンシップをすることと区別できるように「海外インターンシップ」とも言われています。

 

外国でこのインターンシップ制度を使えば、仕事をしていく中で、多くのネイティブと接することができます。

 

その他、企業に関わっているたくさんの地域に携わることができるため、生活全てで関わり合いがある人がネイティブの先生になります。

 

このような理由から、フランス語の上達が目的の語学留学など、ほかの制度よりもフランス語上達に対する充実度が高いと言われています。

 

フランスでインターンシップに参加する時は、基本的には下記のようなプログラムがあります。

 

「教育実習」
海外の小学校や中学、高校などの学校で、日本の文化などを教えながら教育方法や生活習慣を学びます。

 

教員免許等、特別な資格を持っていなくてもなれます。

 

「教育交換」
日本の教育現場で働いている先生が、外国のスクールで先生を従事するものです。

 

東京都では海外研修の一種として認識されている制度で、学校が長期休みとなる期間を利用される方も大勢いるそうです。

 

このほかにも憧れている職業を体験することができるプログラムや、趣味を発揮できるようなプログラムなど、フランス語の上達に打ち込めるプログラムが、たくさん用意されています。

 

一回情報収集をしてみてもいいかもしれませんね。

 

フランス語上達「インターンシップ編」関連エントリー


フランス語上達のためのいろいろな方法をご紹介

Copyright (C) 2010 フランス語を上達する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

フランス語上達「インターンシップ編」